こんにちは。Digina Staffです!
今回はポリエステル生地の紹介です。


まず ポリエステル サテンツイルの詳細について。

  • ポリエステル100%
  • プリント有効幅109cm(生地巾112cm)
  • メーター4000円・小ロットチャージ無し
  • 但し基本ノークレーム商品
  • 生地の厚みは中〜中厚ほど


この生地、表面に淡い光沢があって
金属っぽい表現をすると面白くなります。




もちろん生地なので、よくみれば分かるのですが



こんなのとか。

やや厚みのある生地なので、まったりとしたひだの寄り方をして高級感もあったりします。
がま口やポーチ、バッグ等の雑貨で使えるのではないでしょうか。
ちなみに画像はクラッチバッグとコースターで、薄めの接着芯を使用して作っています。

ポリエステル100%なので、アイロンはお気をつけくださいね!
あくまで私のアイロンの話ですが、温度「中」で接着芯を貼ったところ
長く当てすぎたようで表面がちょっと溶けて色移りしました。

うちのプリントは色落ちしない堅牢度が売りですが、生地そのものが溶けてしまうとどうにもなりません。
この生地に限らず、全てのポリエステル生地に言える事ですのでくれぐれもお気をつけください。





裏写りと透け感はこんな感じです。
生地が少し厚めな為、両方激しく見えることはないですね。




ツイルなので斜めの織りです。(この画像で見えますでしょうか)
濃い色をプリントした場合、この斜めに沿って色がほんの少し滲む可能性があります。


プリント有効幅とデータサイズについて
生地の大きさが112cm巾なので、プリント有効幅は109cm。
ですので、この生地のプリントデータは

【横:109cm × 縦:ご希望のm数】でお作りください。

蛇足ですが、ミシン。
少し伸びる生地ですので、抑えを緩めに、また縫い目を大きめにしてもらうと 生地がたわみにくくなり、綺麗に縫えるかと思います。
接着芯で生地を固定するのもいいですね。
実際縫う前には端切れで縫製テストをしてからがおすすめです!

ぜひぜひ、この生地を楽しんでみてもらいたいです。